東京五輪7・23開幕決定に「都議選が重要な要素だった」…組織委武藤氏に聞く

 新型コロナウイルスの感染拡大により2021年へ延期された東京五輪の新たな日程が30日、正式に決定した。来年7月23日に開会式、8月8日に閉会式を行う。この日、五輪組織委の森喜朗会長と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長らの電話会談で合意に達し、IOCの臨時理事会で正式承認された。従来の日程では今年7月24日の開幕を予定しており、ちょうど1年のスライド開催。同時に延期されていたパラリンピックの来年8月24日開幕(9月5日閉幕)も決定。コロナ禍の終息、選手の準備期間などに配慮したスケジュールになる。

 ◆組織委武藤氏に聞く

 ―7月23日で確定した要因は。

 「IOCとメリット、デメリットを話していく中で、6~7月には東京都議会の議員選挙がある。東京開催ということであれば、重要な要素だった。遅らせると8月15日の終戦記念日があり、社会的な意味を考えて避けた方がいいだろう、そのような中でこの日程がいいだろうと決めた」

 ―聖火リレーもスライドするか。

 「ランナーは尊重したいと申し上げているが、日程までは合意されていない。まだ議論される可能性はある」

 ―来夏予定される国際大会との兼ね合いは。

 「IOCが国際競技団体と緊密な連携を取っている中で、来夏の受け入れが可能だと判断された」

 ―会場の借用で展示場など、再び借りるのが難しい場合は変更があるのか。

 「(使用予定の)全会場にお話はさせていただいて、絶対嫌だというところはまだない。今後の交渉次第で、やってみなければわからない。仮に会場が変わるとなると、日程に変更を生ずる場合もある」

最新一覧