東京五輪、来年7・23開幕で決定 組織委要求通り1年スライド…新日程の決め手となった3項目とは

2021年9月までの競技日程

 新型コロナウイルスの感染拡大により2021年へ延期された東京五輪の新たな日程が30日、正式に決定した。来年7月23日に開会式、8月8日に閉会式を行う。この日、五輪組織委の森喜朗会長と国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長らの電話会談で合意に達し、IOCの臨時理事会で正式承認された。従来の日程では今年7月24日の開幕を予定しており、ちょうど1年のスライド開催。同時に延期されていたパラリンピックの来年8月24日開幕(9月5日閉幕)も決定。コロナ禍の終息、選手の準備期間などに配慮したスケジュールになる。

 新・東京五輪は「1年スライド」で決着した。既に7月23日開幕で決定的となっていたが、この日、森会長、バッハ会長、小池都知事、橋本五輪相が電話会談して正式合意に至った。近年の夏季五輪の日程に準じる形で、7月23日の金曜に開会式、8月8日の日曜に閉会式を行う。また、パラリンピックは8月24日から9月5日に行うことも合わせて確認した。

 森会長は会見で、新日程の決め手となった3項目を挙げ、春開催と比較した際のメリットを強調。「史上初の大会延期で様々な問題が浮き彫りになったが、日程は今後の準備の要。準備を加速させるものと思う」と説明した。

 〈1〉選手選考、予選準備にも一定程度の期間を要するため。

 〈2〉夏休みの方が、国内外のチケットホルダーにとり望ましい。

 〈3〉新型コロナウイルスの影響を考えると、1年延期の夏開催が望ましい。

 暑さや台風の問題は今年も同様に想定されたことだ。

 24日に延期が正式決定してから、わずか6日のハイスピード決着。最優先事項として、組織委とIOCが連日連夜、電話会談を行い、迅速に議論を煮詰めた。主要な3項目に加え、今年の大会のフォーマットをそのまま生かし、夏休み中ならボランティアも確保できる利点がある。

 聖火リレーは今年から1日前倒しとなる3月25日スタートが有力。個々の競技日程について、武藤事務総長は今後の検討課題とした上で「大幅に変えることはないと想定している」と、話した。今年同様に、開会式2日前となる7月21日からソフトボールで競技が始まる見込みだ。

 本来であれば日程はIOCの専権事項だが、今回は“特例”として日本側の意向が優先された。コロナ禍に終わりが見えない中、「若干、神頼みみたいなのはあるが、必ず実現すると信じている。不退転の決意で臨む」と森会長。延期問題は、まず最初のヤマ場をクリアした。(太田 倫)

 ◆理事会での主な承認事項

 ▽チケット 購入しているチケットは、延期後もそのまま利用可能に。来場困難な場合などは払い戻しもする予定。6月以降に予定していたチケット発送は、一度取りやめに。

 ▽ボランティア 来年開催大会での活動を前提とし、既に決定した役割、会場は現状維持が基本。

 ▽テストイベント 今後予定されているものは、一律延期。来年の開幕準備を進める中で、状況を鑑(かんが)みながら時期や規模を再検討して実施する。

 ▽聖火ランナー 日数やルートなど、これまでの枠組みを最大限尊重して新たな日程の調整を行う。ランナーも既に決定している人は、延期後も優先的に走行できるように配慮する。

 ▽大会名称 現行通り「TOKYO 2020」を使用、マスコットやグッズ類も継続。

最新一覧