【ロッテ】ドラ1佐々木朗希、来月9日の実戦デビュー先送りへ「これ以上感染が拡大しないように、自分も気をつけたい」

実戦デビューが先送りになった佐々木朗

 ロッテは30日、新型コロナウイルスの影響で1、2軍共に練習再開を延期すると発表した。28日から活動を一時休止し、本来であれば31日から全体練習を再開する予定だったが、ファームの練習試合も中止が決まり、4月5日まで1、2軍共に活動休止。練習再開は6日の予定となった。

 9日の2軍戦(対日本ハム)で初登板の可能性があったドラフト1位・佐々木朗希投手(18)だが、予定されていた3日のシート打撃が練習中止のため先送りとなり、大注目の“実戦デビュー”も同じく先送りとなりそうだ。

 4月5日までの活動休止期間は監督、コーチ、選手、スタッフ、チームに関わる職員は自宅待機で不要不急の外出は控えるよう、28日から引き続き指示が出ている。選手はZOZOマリン、ロッテ浦和の2軍施設利用も禁止され、自宅や寮のみでトレーニングに励むことになる。

 ドラ1ルーキーを含め、選手の順調な調整に影響が出かねない事態だが、朗希は「気持ちを切らさずに、できることをやっていきたい。これ以上感染が拡大しないように、自分も気をつけたい」と話していた。

最新一覧