宮迫博之、YouTubeチャンネルに謝罪動画を初投稿「やっぱりお笑いが好き」「チャンス下さい」

昨年7月の会見で涙する宮迫博之

 お笑いタレントの「闇営業」騒動で芸能活動を休止中の雨上がり決死隊・宮迫博之(49)が29日、公式YouTubeチャンネル「宮迫ですッ!」を開設。約7分間の動画を初投稿し、改めて騒動を謝罪した。

 宮迫の肉声は昨年7月にロンドンブーツ1号2号・田村亮(48)と開いた謝罪会見以来、半年ぶり。白のTシャツに黒のジャケットという服装でソファに座り「ご無沙汰しております。宮迫です」とあいさつ。続けて「お騒がせした騒動から半年たちましたけれども、ここで改めて、ご迷惑をおかけした全ての皆様、そしてご心配をたくさんおかけした全ての皆様にもう一度改めて謝罪させて下さい。本当にすいませんでした」と頭を下げた。

 そして「今僕は長年育てて頂いた吉本興業さんとは契約を解除されている状態です。そして(明石家)さんまさんの計らいで、今さんまさんの個人事務所に預かってもらっている状態です」と現状を報告。「吉本さんとはご厚意で、今でもお話は聞いて頂いております。ですが、今後どうなるかというのは厳密には決まっていません。これからもお話はさせて頂きたいと思ってます」と吉本サイドとも連絡を取り合っていることを明かした。

 その上で「今の僕の思いは、大好きな、待ってくれている番組のスタッフ。そして何より30年以上誰よりも一緒にいて苦楽を共にした相方の横に戻りたいです。これはすごいワガママだと思うんですけど戻りたいです」と思いを吐露。「それがいつになるかというのは全く分かりません。もしかすると戻れないのかもしれませんけど、戻るための出来る事なんでもします」と訴えた。

 さらに「この半年の間、毎日悩み考えない日はなかったです。その中で引退して別の人生を歩んだ方がいいのかとか、何もせずずっと待ってればいいのかとか、色んなこと考えました。でもその考えている中で、やっぱりあの…お笑いが好きなんですよ」と吐露。「仲間と笑い合って仕事して、それを見てくれる人が笑って、元気をもらったって言ってくれるような、そのお笑いの仕事っていうのが本当に好きなんだなっていうのが、半年も初めてこの仕事離れてみて、本当に実感しました」と語った。

 その上で「何か今の僕に皆さんに恩返し出来る事は何なのかって考えた時に、YouTubeという場所に出会いまして」とし、「Youtubeの人(クリエイター)と出会い色んな話をうかがって表現する場所としてこの場所が僕にとって一番自分を出せる場所だと本当に思ったので、YouTubeという場所を選ばせてもらいました」と公式チャンネル開設に至った理由を説明。

 「もちろん長い付き合いの仲間からYouTube出るなんてやめてくれという意見もありました。でもやらせて下さい、何か出来るかわかりませんが、この場所で皆さんに認めてもらえるように許してもらえるように出来る事は何でもやります。一から頑張ります。チャンス下さい。また皆さんのご意見色々あると思います。それを真摯に受け止めてこの場所で頑張っていきます。よろしくお願いします」と訴え、最後に再び頭を下げた。

最新一覧