【オリックス】ジョーンズの中身は飾らない紳士「サンキューソーマッチ」…担当記者が見た

特大ピアスとネックレスをつけて初練習を披露したアダム・ジョーンズ(カメラ・義村 治子)

 ダイヤのピアスは最強打者の証しなのか。まばゆい輝きは大リーグ最多762本塁打のバリー・ボンズ(ジャイアンツほか)を思い出させてくれた。オリックスなら清原和博にタフィ・ローズか。米国の通販サイトでチェックしたところ、似たような2カラットダイヤモンドの一粒ピアスは1つ2万ドル(約218万円)前後。ケーブルチェーンにダイヤをちりばめた同タイプのネックレスも2万ドル前後していた。

 アクセサリーはド派手だが、中身は飾らない紳士。しがない記者が「ようこそ大阪へ」と拙い英語で話しかけたところ、バリバリのメジャーリーガーは「とても感謝しています。サンキューソーマッチ」と恭しく返してくれた。合同自主トレ中のルーキーが差し出した手も快く握り返していたナイスガイ。スーパースターがチームだけでなく日本球界に旋風を巻き起こしそうだ。(プロ野球担当)

最新一覧