【シルクロードS】川又賢治騎手、骨折から戦列復帰 ジョイフルで重賞初V目指す

今週からの復帰を前に力が入る川又

◆第25回シルクロードS・G3(2月2日・芝1200メートル、京都競馬場)

 骨折で戦列を離れていた川又賢治騎手(22)=栗東・フリー=が、今週から復帰。シルクロードS・G3(2月2日・京都、芝1200メートル、ハンデ戦)はジョイフルに騎乗し、デビュー4年目での重賞初Vを目指す。

 今月16日の栗東で、調教中に騎乗していた馬が心不全を起こして倒れて落馬し、左手首トウ骨を骨折。先週まで2週間、騎乗できなかった。28日から調教に復帰し、ジョイフルにも騎乗。坂路を66秒2で落ち着いて走り、川又は「もう手首の痛みはなく、馬に乗ってみても大丈夫でした。調子は良さそうですね」と手応えを感じている。

 コンビを組んだ昨夏から5戦2勝。なかでも前残りの展開を後方から差し切った前走のタンザナイトSは手応え十分な内容で、「勝ち方がとても良かったです。重賞でも楽しみにしています」と目を輝かせる。6歳1月で重賞初挑戦という遅咲きのスプリンターと一緒に、自身も飛躍を遂げるか。(内尾 篤嗣)

最新一覧