貴乃花光司氏、28年前“衝撃の出会い”をした女性と再会 “プロポーズ”トークに発展も

「衝撃のアノ人」と再会した貴乃花光司氏(C)日テレ

 大相撲・元貴乃花親方の貴乃花光司氏(47)が、29日放送の日テレ系バラエティー番組「衝撃のアノ人に会ってみた!SP」(水曜・後7時)にゲスト出演することになった。

 テレビやSNSの衝撃動画、新聞などで話題になった「衝撃のアノ人」を探し出し、その後の人生も描くヒューマン・ドキュメントバラエティー。

 貴乃花氏は、28年前に“衝撃の出会い”をした女性と再会する。出会いは19歳で史上最年少初優勝した直後、海外から日本に戻る飛行機内。妊娠中で体調を崩し倒れてしまったその女性を助けたそうで、今回、同局の桝太一アナウンサー(38)と一緒にその女性に会いに行くことになった。

 すると彼女の経歴に衝撃の事実が判明。「お会いできて光栄です」と貴乃花氏が恐縮してしまう事態に。また、彼女の子どもが貴乃花氏から大きな影響を受けていたことも発覚。その子からのリクエストでスタジオはなぜか“プロポーズ”トークで大盛り上がりに!? また、貴乃花氏の大切な宝物も公開される。

 そのほか、フィギュアスケート男子の10年バンクーバー五輪銅メダリストで、昨年12月の全日本選手権を最後にシングルからアイスダンスに転向した高橋大輔(33)=関大KFSC=のシングル最後の大会に密着。大会直前に左足を負傷するも、滑り切った高橋が語った最後の言葉とは…。スタジオの女優・大政絢(28)は「鳥肌がたっちゃいました」と感激。プロフィギュアスケーターでタレントの村上佳菜子(25)も「本当に高橋大輔じゃないとできないと思います」とフィギュアスケーターとして賛辞を送る。

最新一覧