嵐・二宮和也 結婚後初めての取材で「20周年を迎えて一段落したタイミングで」と説明

特別ポストに投函する櫻井翔(左)と二宮和也

 人気グループ・嵐の二宮和也(36)が16日、都内で2020年用年賀状受け付け開始セレモニーに櫻井翔(37)と出席。11月12日に元フリーアナウンサーの一般女性(38)と結婚してから初めて取材に応じた。

 セレモニー終了後、報道陣に囲まれた二宮は「こういう発表はどうしても突然になってしまうので、ファンのみんなにも、ほかのメンバーにも、こういう決断をすることで、余波もあるだろうし、いろいろ迷惑をかけてしまったなという思いはある。本当に申し訳なく思っている」と思いやった。

 結婚のタイミングは「11月3日に嵐として20年を迎えて、新しい挑戦を発表して、天皇陛下の国民祭典でも大きな役をいただいた。そして、ジェットストームという僕らの企画でアジア4都市を回って、一段落ついたところ」と説明。嵐のメンバー4人の反応は「ツアーを終えるまでは…というメンバーもいます。そこは僕も歩み寄らないわけではないので、ちゃんと報告をして、こうさせてもらいたいと」と話し合いを持ったことを明かした。

 グループで最初の結婚になったことには「自分が最初に結婚するとは思ってなかったし、『自分が第1号だ』という思いも全くない」。結婚後、ラジオ番組で自らの声でファンに報告したが、コンサートでは触れなかった。これは「コンサートは、ファンのみんなも僕らにとっても特別なもの。そこでプライベートなことを報告するのは、僕の判断ではないかな」と思いを明かした。

最新一覧