周辺はバス、タクシー待ちの大行列 渋野日向子は3ツアーズ初出場に「楽しみまーす」

渋野日向子

◆日立3ツアーズ選手権 (千葉県グリッサンド)

 プロゴルフの男子、シニア、女子の対抗戦「日立3ツアーズ選手権」が15日、千葉・成田市のグリッサンドGCで始まった。賞金ランク2位で初出場の渋野日向子(21)=RSK山陽放送=はスタート前のテレビインタビューで「本当に“謎”(の一年)でした。(点数をつけると)98点。あと2点は軽井沢の最終ホールの3パット。1年間いろんな経験をさせていただいて、今後のゴルフ人生に生かしたい」と振り返った。

 渋野は本格参戦1年目の今季、日米5勝を挙げた。8月には海外メジャーのAIG全英女子オープンを日本人で42年ぶりに制するなど大活躍の一年となった。3ツアーズには初出場となり「すごく楽しみにしていた。足を引っ張らないように頑張りたい。シニアプロ、男子プロの方と一緒にやることはなかなかない。技を盗んで、これからの自分の練習につなげたい。楽しみまーす!」と明るく意気込みを語った。

 第1ステージは良い方のスコアを採用するベストボール方式。第2ステージは1つの球を交互に打つオルタネート方式で行われる。各ステージ1番からの9ホールで競う。渋野はともに、賞金女王の鈴木愛(25)=セールスフォース=とのペアとなる。第2ステージでは鈴木、渋野組と男子の賞金王・今平周吾(27)、石川遼(28)組とシニアの倉本昌弘(64)、谷口徹(51)組との豪華対戦が実現する。

 コース周辺のギャラリーバス発着の最寄り駅では“しぶこフィーバー”の影響で早朝から長蛇の列ができ、タクシーを待つ観客の大行列も発生している。前売り券の売れ行きは前年比で150%と絶好調となっている。

最新一覧