橋下徹氏、生放送で脱・石炭を打ち出せなかった小泉環境相へ「最初にかっこいいこと言っちゃったから今、非常に苦しい」

橋下徹氏

 元大阪府知事の橋下徹氏が15日放送のフジテレビ系「日曜報道THE PRIME」(日曜・前7時半)に生出演。小泉進次郎環境相がスペイン・マドリードで開かれている国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)の閣僚級会合での演説について見解を示した。

 小泉氏は、日本の石炭火力発電政策に「新たな展開を生むには至らなかった」と述べ、「しかし、これだけは言いたい。私自身を含め、今以上の行動が必要と考える者が日本では増え続けている。こうした批判を真摯に受け止めつつも、日本は脱炭素化に向けた具体的なアクションをとり続けているし、結果も出していく」などと訴えていた。

 脱炭素化を打ち出せなかったことに橋下氏は、小泉氏へ「とにかく頑張ってもらいたいんですけど」とした上で「知事、市長の経験しかやっていないボクでも日本が気候変動問題で世界をリードできないっていうのは、ちょっと事前に調べれば分かることなんでね」と指摘した。

 その上で「小泉さんは最初に国連総会に大臣就任直後に行って、日本が世界をリードするんだ、あれが失敗でしたね。ボクは、そうなりませんよ、と。世界にどちらかと言えば謝らなくちゃいけない立場なんですよって、ずっと言い続けてきたんですけど、最初にかっこいいこと言っちゃったから、今非常に苦しいんじゃないんですか」とコメントしていた。

最新一覧