石川遼、「劇場型ゴルフ」でプレーオフ制し4年ぶり優勝 史上最年少で生涯獲得賞金10億円突破

優勝し声援に応える石川遼

◆男子プロゴルフツアー最終戦メジャー最終戦 日本シリーズJTカップ最終日(8日、東京よみうりCC=7023ヤード、パー70)

 首位と2打差5位からスタートした石川遼(28)=カシオ=が、オーストラリアのブラッド・ケネディ(45)=アクシネット=とのプレーオフを3ホール目(すべて18番パー3)で制し、4年ぶり2度目の優勝を飾った。今季は3勝目で、史上最年少での生涯獲得賞金10億円突破を果たした。また、今平周吾(27)=フリー=は首位で迎えた最終18番でダブルボギーをたたいて3位に終わったが、2年連続賞金王を決めた。

 プロゴルフの世界で勝負を分けるサンデーバックナイン(最終日後半9ホール)で、石川が持ち味の“劇場型”のゴルフを見せた。

 507ヤードと長い難関の11番パー4でバーディーを奪い、ついに首位タイ浮上。続く12番パー4では第1打を左に大きく曲げてボギー。1組前でプレーする今平が13番パー4でバーディーを奪ったため、首位陥落だけでなく2打差に広がり、流れを失ったかに見えたが、13番、14番パー4で連続バーディーをもぎ取り、再び首位に並んだ。

 だが、15番パー3で大ピンチに陥った。第1打は砲台グリーンから転げ落ちて大オーバー。第2打でもグリーンに乗せられず、第3打でようやくピン2・5メートルへ。長いボギーパットは執念で沈めた。またもや首位から陥落したが、辛うじて優勝争いに踏みとどまった。

 16番パー4は嫌な流れで迎えたが、3ウッドで放った第1打はフェアウェーど真ん中。第2打を3メートルのチャンスにつけると、ほぼストレートのラインをねじ込み、みたび首位に迫った。17番パー5でも連続バーディーで単独首位に立った。

 ドラマのハイライトはやはり、名物ホールの18番で起きた。圧倒的に優位だった今平が1メートル弱の下りパーパットを2メートルもオーバーさせ、ボギーパットも外して自滅。1組後でプレーする石川も第1打をグリーン右に外してボギー。勝負は、石川と3打差8位から出たケネディが18番を終えて通算8アンダーで並び、プレーオフに突入した。

 プレーオフは2ホール連続でともにパーだった後、カップの位置が変えられた3ホール目でケネディは約15メートルにオン。石川は2・5メートルにつけ、バーディーを奪って優勝を飾った。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧