「岡本さんのおかげで自分を見つめ直せた」…笠りつ子に聞く

頭を下げ謝罪する笠

 10月の女子ゴルフツアー会場で大会関係者に不適切発言をし、12日に厳重注意などの処分が科された、通算5勝の笠りつ子(32)=京セラ=が19日、大王製紙エリエールレディス(21日開幕、愛媛・エリエールGC松山)のコースで涙の謝罪を行った。日本女子プロゴルフ協会(LPGA)が選手側に行った騒動の経過に関する説明会に出席後、報道陣の取材に応じ、引退も考えたことを明かした。

 ◆笠に聞く

 ―今の気持ちは。

 「LPGAの処分が下り、改めて私の口から謝罪したく、この場を設けさせていただいた。一日も早く皆様の前で謝罪したかったが、コンプライアンス委員会から聴取を受けている最中でもあり、控えさせていただきました」

 ―不適切発言は報道されている通りなのか。

 「はい。(やり取りは)5分くらい。全ては自分の弱さから出てしまった。今まではタオルがあることが当たり前になっていた。根本的な考えが間違っていました」

 ―騒動は一部報道で岡本綾子さんが選手名を出さずに問題提起したことで明るみに出た。

 「岡本さんのおかげで自分を見つめ直す時間もできて、感謝しています。いつかお会いしたときに自分の口で伝えたい」

 ―周りの方からの言葉で心に残ったのは。

 「(高校の先輩の)古閑美保さんから『これから強く優しい人間になりなさい』、大山志保さんからも連絡をいただき、気に掛けてくれていました」

最新一覧