【阪神】矢野監督「MVPはコーチ陣」山本昌臨時コーチ&井上打撃コーチのアイデア情熱に感謝

ブルペンで山本昌臨時コーチ(左)と話す矢野監督

 阪神は19日、高知・安芸での秋季キャンプを打ち上げ、矢野燿大監督(50)はMVPにコーチ陣を指名した。山本昌臨時投手コーチ、新任の井上打撃コーチらの指導力を絶賛。「いろんなアイデアを出してくれて、選手の気持ちをつなげるように情熱を持ってやってもらった」と感謝した。

 グラウンド外でも選手と寄り添った山本昌臨時投手コーチは「いろんな材料をアドバイスさせてもらって、みんなが頑張ってくれた。投手コーチにも協力してもらった」と収穫を口にした。前夜(18日)には球団から来春キャンプの継続指導オファーを受け、前向きな姿勢を見せた。

 今秋就任した井上1軍打撃コーチも、ミーティングで来春の第1クールから実戦を行うことを通達。「オフの過ごし方が重要。2か月休んだら無駄になっちゃうよってね。まだ秋は遠慮もあったけど、春はもう2、3年も阪神におったんちゃう、ぐらいの勢いでいく」とナインと密接に触れ合う構えだ。

 「昌さんが来てくれたことで投手コーチも一緒になって勉強しようとやってくれたし、春も来てもらった方がチーム、選手のためになる。現状は100点に近いようなキャンプになった」と矢野監督。多士済々の面々が手を携え、15年ぶりのV奪回につなげていく。(表 洋介)

最新一覧