沢尻エリカ容疑者逮捕に、井筒和幸監督「クソみたいな錠剤に手を付けて…何やってんだ」

2005年の報知映画賞授賞式で沢尻エリカ容疑者と受賞を喜び合った井筒和幸監督

 合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)の出世作となった映画「パッチギ!」(2005年)の井筒和幸監督(66)が17日、スポーツ報知の取材に応じ「がく然とした。まさか…」と複雑な心中を明かした。

 ニュースで沢尻容疑者の逮捕を知った井筒監督は「知った時は力が抜けた。クソみたいな錠剤に手を付けて…。何やってんだバカ野郎!」と憤怒した。同作で沢尻容疑者は、報知映画賞最優秀新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞など、賞レースを総なめし、世間に名をとどろかせた。“女優・沢尻エリカ”の生みの親として「バカでアホなことに手を出して。孤独や仕事の重責から気を紛らわせたかったのか」と無念さをにじませた。

 最後に沢尻容疑者と会ったのは4年前。東京・高円寺の居酒屋で「パッチギ!組」の忘年会をした。「エリカちゃん、めったに来ないのに、来てくれて。彼氏さんも紹介されてね」。井筒監督が「演技がレベルアップしてきたなぁ。今度オファーするから!」と声を掛けると「いい仕事させてください!」と快諾。「薬に手を出す様子ではなかった」という。

 女優としての沢尻容疑者については「かわいいなんてものではなく、気丈な凜々(りり)しい顔で、それで爽やかな顔―。女優として生まれてきたと思った。テクニックを超えた天下一品の演技」と絶賛する。今後の復帰に関しては「志さえあればできる」とし、「周りが招いてくれるかは別として、彼女に意思があれば手助けしたいし、オファーする。今は自分で自分を叱るしかない」と再び現場で会う日を切望した。

最新一覧