仙台育英、3発も空砲 先発の向坂が7失点KO

左越えの本塁打を放った仙台育英・吉野

◆明治神宮野球大会第2日 ▽高校の部2回戦 天理8―6仙台育英(16日、神宮)

 高校の部2回戦で仙台育英(東北・宮城)が、天理(近畿・奈良)に6―8で敗れた。4番・入江大樹遊撃手(2年)の3点本塁打など、長打で2度追いつく粘りを見せたが最後は押し切られ、初戦敗退となった。大学の部1回戦では、東北福祉大(東北3連盟・仙台六)が東海大(関東5連盟第2・首都)に、連続失策が響いて8―9でサヨナラ負け。これで東北勢は高校、大学とも姿を消した。

 一発攻勢で近畿王者・天理に食らいついた。2点を追う5回無死二塁で、5番・吉野蓮右翼手(1年)が左翼越えに同点2ラン。2―5となった6回は1死二、三塁から、4番・入江が左翼席中段に飛び込む特大3ランだ。9回2死からは途中出場の小野寺真輝捕手(2年)がバックスクリーンに飛び込むソロ弾で2点差に追い上げたが、最後は競り負けた。

 これが高校通算初本塁打の吉野は「うまくとらえたと思ったが、入ったとは思わなかった」と驚きの表情。入江は「(高めに)浮いたスライダーを狙っていこうと話していた。1球で仕留められてよかった」と振り返った。打線は長打5本を含む9安打と粘りをみせたが、先発の背番号1・向坂優太郎(2年)が7回途中7失点と踏ん張れず。守備でも悪送球など、失点につながるミスが目立った。

 「甲子園で8強以上にくるようなチームとの戦いはワンプレーの重みが違う。厳しさを学べたし、すばらしい経験」と話した須江航監督(36)は、「何とかセンバツでもう1回やりたいですね」と雪辱戦に意欲をみせた。この一戦で感じた手応えや反省を冬場の練習に生かし、成長した姿で来春を迎える。(有吉 広紀)

最新一覧