宇良「相手が意気込んでいたので」一瞬の突き落としで3連勝

突き落としで大永谷(左)を破った宇良

◆大相撲九州場所6日目(15日、福岡国際センター)

 右膝の2度の手術から復活を目指す“平成の業師”西序二段106枚目・宇良(27)=木瀬=が西104枚目・大永谷(錣山)を突き落として3連勝。勝ち越しに王手をかけた。

 荒い鼻息が聞こえたのかもしれない。「相手が意気込んでいたので、あれを下から起こすのは難しい」と判断。頭で当たって、すぐに左に動いて一瞬の突き落としで勝負を決めた。

 「冷静? そういう意味ではそうですね。相手の力が逃げる方に体が付いていきました。相撲勘? まだまだわかならいところがありますが、1勝ずつ積み上げているところです。今場所はとりあえず勝ち越したいです」と笑顔を見せた。

 長期離脱中も体は作ってきた。体重(企業秘密)は「元々、痩せていくタイプ」ということから、ピーク時に比べると15キロほど落ちたというが、「、上半身は筋肉の鎧(よろい)を身につけている。パワーは落ちていないが、これからは下半身の強化も急がれる。「自分の中では完成形とはほど遠いです。ボディーメークには時間がかかる」と本音を漏らしていた。

最新一覧