【侍ジャパン】米国に大会初黒星、1位の座明け渡す…試合経過

8回1死二塁、空振り三振する坂本勇人(捕手・ガシュー=カメラ・生澤 英里香)

◆プレミア12 スーパーラウンド 米国4―3日本(12日・東京D)

 日本が米国に競り負け、今大会初黒星。成績に反映される第1Rの台湾戦も含め2勝1敗となり、スーパーR1位の座を明け渡した。13日には3勝0敗のメキシコと対戦する。

 【試合経過】

 ◇1回(両軍0)

 【ア】ペイトン二ゴロ、アデル三振、ダルベック二ゴロ

 【日】丸一ゴロ、菊池涼三振、近藤四球、鈴木四球で近藤二進、吉田正二ゴロ

 ◇2回(ア1、日0)

 【ア】ボーム右翼線二塁打、ボーンの二ゴロでボーム三進、クローネンワースの一ゴロでボーム生還、ルッカー四球、ガシュー三振

 【日】浅村三ゴロ、坂本勇三振、甲斐投ゴロ

 ◇3回(ア1、日0)

 【ア】チャタム左中間二塁打、ペイトンの三前バントでチャタム三進、アデル四球、ダルベックの左翼線二塁打でチャタム生還、アデル三進、ボーム二飛、ボーン中飛

 【日】外崎四球、丸投ゴロ併殺打、菊池涼遊ゴロ

 ◇4回(ア0、日1)

 【ア】クローネンワース右飛、ルッカー中前安打、ガシューの一ゴロでルッカー二進、チャタム投ゴロ

 【日】(投手リチャード)近藤左飛、鈴木中越三塁打、吉田正左飛、浅村の右前安打で鈴木生還、坂本勇投直

 ◇5回(ア1、日0)

 【ア】(投手山岡)ペイトン右中間二塁打、アデル三塁内野安打、ダルベック三振、ボームの右中間安打でペイトン生還、アデル二進、ボーン三振、(投手嘉弥真)クローネンワース三振

 【日】甲斐三ゴロ、外崎四球、丸四球で外崎二進、菊池涼遊ゴロ併殺打

 ◇6回(ア0、日1)

 【ア】(投手大野雄)ルッカー中飛、ガシュー、チャタムともに三振

 【日】近藤二ゴロ、鈴木の遊ゴロを遊撃クローネンワースが失策、吉田正左飛、(投手ファイアーライゼン)浅村の右中間二塁打で鈴木生還、坂本勇三振

 ◇7回(ア1、日0)

 【ア】(二塁山田哲)ペイトン三振、アデル右越2号本塁打、ダルベック遊ゴロ、ボーム遊飛

 【日】甲斐の代打会沢中飛、外崎遊撃内野安打、丸の右越二塁打で外崎三進、山田哲左飛、(投手シールバー)近藤遊直

 ◇8回(ア0、日1)

 【ア】(投手山本、捕手会沢)ボーン中前安打、クローネンワース一ゴロ併殺打、ルッカー右前安打(代走ウォーターズ)、ガシュー二ゴロ

 【日】(左翼アデル、中堅ウォーターズ、右翼ペイトン)鈴木中越二塁打、(投手ジョーンズ)吉田正の代打松田宣の中飛で鈴木三進、浅村の左前安打で鈴木生還(浅村の代走周東)、坂本勇のとき周東二盗、坂本勇三振、会沢のとき暴投で周東三進、会沢右飛

 ◇9回(両軍0)

 【ア】(投手中川、一塁山田哲、二塁外崎、三塁周東)チャタム左翼線二塁打、ペイトン中飛、アデル申告敬遠、ダルベック三振、ボームの三ゴロでアデル二封

 【日】(投手ディクソン)外崎、丸ともに三振、山田哲遊ゴロ

最新一覧