【甲府】ラスト3戦目の福岡戦勝利で切り開いた今季最大の意外な“ジンクス”

背番号17金園の2ゴールで甲府は“ジンクス”を乗り越える勝利を挙げた

 J2甲府が“石原解説のジンクス”を吹き飛ばした。

 10日に行われた甲府―福岡戦のDAZN解説は、地元韮崎市出身で、17年間のプロ生活で甲府一筋だった石原克哉アンバサダー(41)。17年限りで現役を引退したレジェンドだが、今季解説(地上波&DAZN)を務めた試合では、福岡戦まで4分け5敗の未勝利だった。

 今季ラスト解説の一戦は、途中出場のFW金園英学(31)の2戦連発となる2発で2―0で2連勝。順位は8位から7位に上がり、4位山形まで勝ち点2差に迫る貴重な勝ち点3を積み上げ、逆転プレーオフ進出に大きく前進した。待ちに待った初白星に石原アンバサダーは「放送だと喜べないからね。勝てば何でもいいですよ」と、試合後の後片付けを手伝いながら、ほっとした表情。イレブンからはこれまでずっとイジられており、この日は試合後「(勝てたから)初めてロッカールームに入った」という。

 ちなみに石原氏のラジオ放送の今季解説試合成績は1勝2分け2敗。

 ◆石原氏が解説した甲府の試合成績

 VS金沢(1△1)

 VS水戸(1●2)

 VS千葉(1●2)

 VS山形(2△2)※

 VS東京V(0●2)

 VS岡山(1●2)

 VS山口(0●1)

 VS柏(1△1)

 VS栃木(1△1)

 VS福岡(2〇0)

【すべてホーム。山形戦はテレビ山梨】

最新一覧