【侍ジャパン】2番手・山岡が3点目献上 劣勢のまま中盤戦へ

2番手で登板した山岡泰輔

◆プレミア12 スーパーラウンド 日本―米国(12日・東京D)

 「プレミア12」スーパーラウンド(R)第2戦の米国戦に臨んだ侍ジャパンは序盤から苦戦を強いられた。先発・高橋礼(ソフトバンク)が4回2失点で降板。1―2の5回から2番手で登板した山岡(オリックス)が1番・ペイトンに右翼フェンス直撃の二塁打を浴び、ピンチを招くと、続くアデルの三塁へのボテボテのゴロが内野安打となり、無死一、二塁となった。3番・ダルベックは空振り三振に仕留めたが、4番・ボームに外角の直球を右前に運ばれて3点目を許した。

 2死一、二塁となったところで降板。3番手には左腕・嘉弥真(ソフトバンク)がマウンドへ上がり、クローネンワースを空振り三振に抑えた。

最新一覧