元代表GK田口光久氏が死去…「生でダラダラ」で木梨憲武のパートナーとしても活躍

田口光久さん

 サッカー日本代表GKを務めた田口光久氏が12日午前3時2分、呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。64歳だった。秋田市出身。

 通夜は17日午後5時から、葬儀・告別式は18日午後1時からともに東京都新宿区上落合3の4の12、最勝寺会館で。喪主は長男直樹(なおき)氏。

 秋田商高から73年に三菱重工(現J1浦和)入り。日本代表では75年に国際Aマッチに初選出され、通算59試合に出場(84失点)した。

 引退後は日本テレビ系「とんねるずの生でダラダラいかせて」で木梨憲武のパートナーとしてゴールキーパーを務めて、サッカーファン以外にも親しまれた。

1984年1月21日に行われた報知新聞社制定「年間最優秀11人賞」で記念撮影するGK・田口光久(三菱重工)、都並敏史(読売クラブ)、越田剛史(日産自動車)、MF・ジョージ与那城(与那城ジョージ、読売クラブ)、柱谷幸一(日産自動車)、(前列左から)DF・加藤久(読売クラブ)、FW・木村和司(日産自動車)、金田喜稔(日産自動車)、ラモス(読売クラブ)、戸塚哲也(読売クラブ)

すべての写真を見る 2枚

最新一覧