Wヤング・平川幸男さん死去 78歳 相方佐藤「あと10年はやれると思っていたぐらい、元気でパワフルだった」

11日に亡くなったWヤング・平川幸男さん

 お笑いコンビ「Wヤング」の平川幸男(ひらかわ・ゆきお=本名・平川幸朗)さんが11日、大阪市内の病院で亡くなったことが分かった。78歳だった。吉本興業が12日、発表した。

 1941年、神戸市生まれ。61年に西川ヒノデさんに弟子入りして64年に中田治雄さんと初代「Wヤング」を結成して漫才ブームをけん引し、75、78年に上方漫才大賞を受賞した。84年に現在の相方である佐藤武志(65)と2代目の「Wヤング」を再結成した。舞台をドタバタを走り回る体当たりの漫才で、大阪・なんばグランド花月などを中心に活躍していた。

 通夜・告別式は家族葬で営まれる。

 佐藤武志「僕にとっては相方でありながら、師匠でもあり家族のような存在でもありました。コンビとしては今後迎える喜寿・米寿・卒寿などの長寿祝い年で、なんばグランド花月ででっかいイベントをやって悔いなく引退できればいいなと話していました。あと10年はやれると思っていました。それくらい元気でパワフルな男でした。その夢がかなわず無念で心寂しい思いです。師匠、ゆっくり先に休んでいてください。35年間本当にありがとうございました」

すべての写真を見る 2枚

最新一覧