【新潟3R・3歳上1勝クラス】藤田菜七子が土日連勝「いい脚使ってくれた」

新潟3Rのオデュッセイアを1着に導いた藤田菜七子騎手。(カメラ・松浦拓馬)

 10月20日の新潟3R・3歳上1勝クラス(ダート1800メートル、牝馬限定=12頭立て)は、藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本厩舎=が騎乗した2番人気のオデュッセイア(牝4歳、美浦・新開幸一厩舎)が直線で抜け出し、勝利した。勝ち時計は1分51秒4。

 スタートはやや出遅れたが、中団後方でじっくり脚をためて追走。4角7番手で直線へ。菜七子が外に持ち出すと、上がり最速の37秒5の末脚で一気に先行していた馬をとらえ、ゴールを駆け抜けた。

 今年6度目の土日連勝を飾り、これで今年はJRA38勝目。菜七子は「思ったより馬場が軽かった。ゲートを出れば前につけたかったが、行き脚がつかなくて、後ろからになってしまった。それでも道中はしっかりハミをとって、我慢してくれた。最後、外に持ち出してからはいい脚を使ってくれた」とクールに振り返った。

レース結果

最新一覧