西川史子、台風被災地へ衛生面の危険性訴え「感染症とかの危険がある」「マスクや露出の少ない服で」

西川史子

 女医でタレントの西川史子(48)が20日、台風19号により甚大な被害を受けた被災地で復旧作業をする人へ注意を呼び掛けた。

 この日のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)では、台風19号による甚大な被害を受けた東日本各地の現状を報じた。

 医師の西川は各地で被災ごみなどの処理が進む中、「感染症とかの危険があるので。泥とか災害ゴミから発生するバクテリアとか細菌はすごく繁殖する」と衛生面の危険性を訴えた。

 「特に急に寒くなったので、カゼを引いたりとかもあると思うので。必ず作業する時はマスクをするとか、露出の少ない服でとか気を付けて」と体調を心配していた。

最新一覧