塩見、プロ8年目初Vへ暫定首位

10番グリーン下から第3打を放つ塩見好輝

◆男子プロゴルフツアー 国内メジャー第3戦 日本オープン 第3日(19日、福岡・古賀GC)

 第2ラウンド(R)の残りと第3Rを行い、日没順延となった。プロ8年目で初優勝を目指す塩見好輝(29)=国際スポーツ振興協会=が10番まで終えて、通算4アンダーで暫定首位に立った。賞金ランク1位の今平周吾(27)=フリー=が3打差の同2位。賞金ランク2位の石川遼(28)=カシオ=は10番から出て、13ホールを終えて7オーバーの同27位となっている。20日は午前7時50分から第3Rの残りを開始し、11時10分から最終Rを行う予定となった。

 小技がさえて第2Rの13ホールで首位に立つと、第3Rの10ホールを終え暫定首位をキープ。第3Rの10番をホールアウトして日没となった。昨年の稲森佑貴に続き、9人目となる初優勝を日本オープンで飾る好機に「長かったですね。明日も集中を切らさないようにしたい」と表情を引き締めた。「最悪でも5位以内に入らないと」と、5年ぶりの賞金シード復帰へ堅実に挑む。

最新一覧