U―12世界一を決める「ダノンネーションズカップ」 日本代表は男子11位、女子4位

ダノンネーションズカップに女子日本代表として出場した千葉中央FCU―12ガールズ

 U―12の世界一を決める「ダノンネーションズカップ 2019」は12日、世界27か国が参加し、スペインで開催された。男子日本代表の甲府U―12は、グループリーグを1勝1分け2敗の4位で通過。順位決定トーナメント1回戦でセネガル代表に2―0で勝利したが、同2回戦のドイツ代表には0―1で完封負け。ウルグアイ代表との11位・12位決定戦では、相手の粘り強い守備に苦しめられるもチーム全員で戦い抜き、1―0で勝利。11位となった主将の楠彪は「結果は残念だったけど、この大会を経てまた一つ成長できたと思っています。試合をやっていく中で色々なプレーが上達していったし、ピッチ外でも海外の選手たちと交流ができて良かった」と振り返った。

 また女子日本代表の千葉中央FCU―12ガールズは、南アフリカ、イタリア、フランスと同組の予選リーグで2勝2分け2敗で通過。アルゼンチン代表との3位決定戦では高い個人技からゴールを奪われ、0―2で敗戦。8チーム中4位に終わった。またフェアプレー賞は、男女ともに日本代表がトップ3に入賞した。

 2000年からスタートし、20回目となった男子大会では、メキシコ代表が決勝でスペイン代表をPK戦の末に下し、優勝。女子は、スペイン代表が組織力の高さを発揮し、地元大会で初優勝に輝いた。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧