馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・成績提供中  東京 京都

【菊花賞 デラええ馬や!】木之前葵騎手はヒシゲッコウ、宮下瞳騎手はヴェロックスに◎

ヒシゲッコウ推しの木之前葵騎手(手前)とヴェロックス◎の宮下瞳騎手

◆第80回菊花賞・G1(10月20日・芝3000メートル、京都競馬場)

 淀の3000メートルが戦いの舞台となる第80回菊花賞(20日、京都)。名古屋競馬の女性騎手2人が本命馬の推し理由や注目ポイントを内尾記者相手に紹介する「デラええ馬や!」は、秋華賞を馬連で的中した木之前葵騎手が◎ヒシゲッコウで連発に挑戦。宮下瞳騎手はヴェロックスが最後の1冠をつかむとみました。

 宮下瞳(以下、瞳)食欲の秋ですね。私はさつまいも料理をして子供たちと一緒に食べています。ご飯に混ぜて炊いたり、焼きいもにしたり。おいしいですよ。私は生産量が日本一の鹿児島県出身で、ふるさとの味なんです。

 木之前葵(以下、葵)瞳先輩、おいしそうですね。ワタシは最近、サンマを買ってきて食べたのですが、これぞ秋の味覚。パワーをつけて、競馬に頑張ろうという気持ちになります。

 内尾(以下、内)いいですね。僕も食べたくなってきました。

 葵 あとは網を買ってきて大きなアサリ、ハマグリを焼いて食べたら、すごくおいしかったんですよ。パカッと開いて、いい音、いいにおい。焼き上がるまでも楽しくて大満足でした。

 内 みなさん、秋を満喫されていますね。今週は秋の伝統のG1、菊花賞です。秋華賞で見事に8720円の馬券プレゼントに成功した葵さんの見解を教えてください。

 葵 ヒシゲッコウがワタシの◎です。3000メートルも走るとなると、馬の能力はもちろんですが、折り合いとスタミナの温存が大事。テンにバキバキ行って、無駄な脚をつかってしまっては最後に息切れしてしまいます。そこは世界のトップジョッキー、スミヨンさんに期待しています。

 内 今週から短期免許で来日です。

 葵 世界の大レースで勝ってきたし、やっぱり展開を読むのが素晴らしく上手でしょう。有力馬の後ろでじっと脚をためれば、おのずと道は開けてくるのでは。

 瞳 私はヴェロックスで仕方がないと思います。今年に入って先着を許したのが、現役ではサートゥルナーリアとダノンキングリーだけですからね。今回のメンバーでは力が抜けています。

 内 確かに実績ではナンバーワンですよね。どんなレースになると思いますか?

 瞳 菊花賞はどの馬も未経験の距離でスローになりやすいので、とにかく折り合いが重要です。ヴェロックスはスタートが上手なうえに器用。先行してスムーズに流れに乗れば、ラスト1冠に届くと思います。

 内 スプリンターズSは瞳さん、秋華賞が葵さんが的中。今回も当たることを期待です。

【宮下瞳騎手の印】

◎(13)ヴェロックス  

○(12)レッドジェニアル

▲(7)ヒシゲッコウ  

★(1)ザダル     

△(2)ニシノデイジー 

△(5)ワールドプレミア

△(15)ホウオウサーベル

【木之前葵騎手の印】

◎(7)ヒシゲッコウ  

○(5)ワールドプレミア

▲(13)ヴェロックス  

★(1)ザダル     

△(2)ニシノデイジー 

△(14)サトノルークス 

△(15)ホウオウサーベル

 ◆宮下 瞳(みやした・ひとみ)1977年5月31日、鹿児島県鹿児島市生まれ。42歳。95年10月に名古屋でデビューし、11年8月に引退。2人の男児の出産を経て16年8月に現役復帰。女性騎手では国内最多の地方通算811勝。152センチ、46キロ。血液型A。

 ◆木之前 葵(きのまえ・あおい)1993年7月10日、宮崎県北諸県郡三股町生まれ。26歳。13年4月に名古屋でデビューし、地方通算370勝。15日の名古屋2Rでは7番人気、単勝6510円の穴馬(ダムキナ)で勝利。149センチ、45キロ。血液型O。

出馬表

最新一覧