真打ち登場か(美浦)

 こんにちは、坂本です。週末のお天気が崩れそうで、ちょっと心配ですね。

 さて昨日はプロ野球のドラフト会議でしたね。最近は地上波でテレビ中継されるようになり、人間ドラマにも注目が集まって社会的なイベントになっているように感じます。その当日に私は大井競馬場に出かけていたんですが、大井町駅からの無料バスに乗り込んだところ、後ろの座席のギャル(死語)2人組がドラフトの話題で盛り上がっていたのには感心しました。スマホで速報をチェックしているようなんですが、「佐々木がロッテだ」とか楽しそうなんですよね。プロ野球人気も捨てたもんじゃないな、と思っていたんですが、ふと気がつけば大井競馬場に到着。実は熱烈な競馬ファンだったのかは分かりませんでしたが、いずれも一昔前と比べるとファン層の間口は確実に広がっていますね。

 さて今週は注目の新馬戦がありますね。18日の東京5Rは、国枝厩舎の【サトノフラッグ(牡、父ディープインパクト)】、堀厩舎の【フィリオアレグロ(牡、父ディープインパクト)】、藤沢和厩舎の【レッドルレーヴ(牝、父キングカメハメハ)】といった好メンバーが激突します。特にPOGで私がイチ押ししていたサトノフラッグは、2か月以上も入念に乗り込んできました。戸崎騎手騎乗の最終追いは、3頭併せの真ん中でオープン馬の内プロディガルサンに食らいつく動きを見せていました。「動きは良かったですね。オープン馬相手に十分動けていると思う。トータルでまとまっている感じで、どんな競馬をしてくれるか楽しみ」と、国枝調教師のトーンも上がっています。サトノクラウンの半弟のフィリオアレグロも、父がディープインパクトに替わって素質の高さは折り紙付きです。森助手は「ひと追いごとに動けるようになっている。血統的に遅い(晩成)のかなという印象はあるが、初戦から力を出せる出来」と説明しており、こちらもどんな走りをするか、興味が尽きません。

 さて国枝厩舎と言えば、ダービー馬ワグネリアンの全妹の【パイネ(牝、父ディープインパクト、母ミスアンコール)】が入厩していますね。9月19日にゲート試験を合格して、国枝師は「まだ非力だけれど、走ってほしいね」と期待を込めます。こちらも注目して追っていきます。

 そしてすでに堀厩舎のデビュー時期をお知らせしていた【サトノエスペランサ(牡、父ルーラーシップ、母フサイチパンドラ)】は、予定通りに10月27日の東京新馬戦(芝1800M)で、Mデムーロ騎手とのコンビが決まりました。【サトノフウジン(牡、父ディープインパクト、母コンテスティッド)】も、10月26日の東京新馬戦(芝1600M)で、川田騎手とのコンビでデビューする方向です。デビュー2連勝でサウジアラビアロイヤルCを制した【サリオス(牡、父ハーツクライ)】は、10月10日に滋賀・ノーザンファームしがらきに放牧に出されています。また10月6日の東京新馬戦(芝2000M)を勝った【サクラトゥジュール(牡、父ネオユニヴァース)】は、すでに放牧に出されていて、現時点で次走は未定とのことです。

 それでは今日のところはこのへんで。

最新一覧