【阪神】近本、セ新人最多安打あと3 ミスター超えは「甲子園で」

近本光司

 阪神・近本光司外野手(24)が17日、本拠・甲子園での「ミスター超え」を誓った。今季150安打を放ち、1958年に巨人・長嶋茂雄が記録した新人安打のセ・リーグ記録の153安打にあと3と迫っている。「甲子園で更新できるなら、したいなとは思いますね」と思いを明かした。

 レギュラーシーズンは残り8試合。18日のヤクルト戦から本拠地で5試合続き、7試合が甲子園と条件は整っている。近本は数字への興味は薄いが、常に声援を送ってくれる虎党には感謝の気持ちでいっぱいだ。「自分の記録じゃなくて、ファンの方のために喜んでもらえるようにですね」とにっこり。球団営業部も記念グッズ販売を予定しており、期待は高まるばかりだ。

 大阪市内の電鉄本社で取材に応じた藤原オーナーは「新人でチャンスは1回しかない。ものすごいホームラン打つ人(ヤクルト・村上)も出てきたし。そういう中で競い合って頑張ってほしいですね」とエールを送った。いくつもの期待を背に、61年ぶりの快挙に挑む。(嶋田 直人)

最新一覧