大坂なおみ、男子選手も驚がくの激しい打ち合い 約1時間30分練習で調整

練習する大坂なおみと、コーチの代役を務める父のレオナルド・フランソワ氏

◆女子テニス 東レ・パンパシフィック・オープン ◆第2日(17日、大阪市ITC靱TC)

 シングルス2回戦から登場する世界ランク4位の大坂なおみ(21)=日清食品=は、午前中に約1時間30分、試合会場で練習を行った。序盤はゴムチューブを使ったトレーニングなどで体を動かした。その後は約1時間、コート上で試合形式の練習。男子で06年全国高校総体シングルス優勝、09年全日本学生選手権シングルス優勝の実力を持つ片山翔(30)=伊予銀行=とラリーやサーブの確認。終盤には片山自身も驚いたという、鋭いショットを連発した。

 大坂の練習会場には約150人のファンが集結し、熱視線を送った。「なおみちゃん、頑張って~!」の声に、練習中にも笑顔で手を振って応じるなどリラックスした様子だった。

 大坂は初戦となる2回戦(18日または19日)で、初対決となる世界ランク181位のビクトリア・トモバ(ブルガリア)と戦う。今大会7度目の出場で16年、18年大会準優勝。今回は生まれ故郷の大阪で初優勝を狙う。

最新一覧