馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  菊花賞・G1 富士S・G3

【次回注目馬】ペプチドサクラが休養を挟んで内容良化 武豊「最後によく伸びている」

◆ペプチドサクラ(9月15日、阪神2R・2歳未勝利・芝1200メートル=5着)

 スタートが決まらず後方のポジションになったが、直線では外からメンバー最速の上がりで伸びた。武豊騎手は「ゆったり走らせようとしたが、力んでしまった。でも、最後によく伸びている。折り合い次第」と振り返った。

 好調の新種牡馬、キズナの産駒。デビューから2戦は8、6着だったが、3か月の休養を挟んでパワーアップした。栗東の坂路でも鋭く伸びており、動きに成長の跡が見える。今回はプラス16キロだっただけに、叩いた上積みは大きいはず。順調なら、次走でさらなる前進が期待できる。(内尾 篤嗣)

最新一覧