【中日】根尾、「BIG4」唯一の1軍出場ゼロも「今は準備」大阪桐蔭春夏連覇から1年

2軍で試合をこなす根尾

 昨年のドラフトで4球団競合の末、中日に1位入団した根尾昂内野手(19)。高校時代、投手との二刀流で脚光を浴びたゴールデンルーキーは遊撃一本でプロの世界に飛び込んだが、日本ハム・吉田輝、ロッテ・藤原、広島・小園と並び称された「BIG4」で、唯一1軍出場がない。大阪桐蔭で史上初となる2度目の春夏連覇を達成してから1年。現在の心境を聞いた。(取材・構成=長尾 隆広)

 1年前の夏、根尾は史上初となる2度目の春夏連覇の快挙の中心にいた。あれから1年。1軍出場こそないものの、心身ともに成長を実感している。

 「経験値が1年前とは全く違う。けがをしているときは『俺、何してんだろ』と思ったこともありました。でも、けがばかりしていたので、精神的な部分では強くなったと思います。ユニホームのサイズは変わってないけど、周りからは下半身が『たくましくなった』とよく言われます」

 下半身かため 強い打球狙う 1月に右ふくらはぎの肉離れを発症し、4月には左人さし指を負傷したが、2軍では91試合に出場。規定打席到達者では最下位となる打率1割8分、23打点、2本塁打、113三振、20失策。土台作りを重視しつつ、一歩一歩前へ進んでいる。

 「打撃では下半身をかためるというのが最初にあって、そこから各方向に長打、強い打球を飛ばすスイングに取り組んでいます。自分の力を生かすには単打と二塁打。本塁打はおいておいて、より得点に絡むためには、単打よりも二塁打を目指すことが大事だと思います。守備は判断力であったり、確率を高くすること。基礎的な部分を継続しながら、無駄を省いています」

 仮に1年前の自分にアドバイスできるなら、迷わず体力強化を選択する。

 「たくさんご飯を食べて、しっかりトレーニングすることですかね。投手は分からないけど、野手は(高校とプロの)試合数が違うので、技術的なことより、まず体の強さができてこないとついていけない」

 令和初の甲子園は大阪桐蔭時代のライバル校・履正社が優勝。昨年U―18で同部屋になり、星稜を準優勝に導いた奥川の成長も見届けた。

 「決勝戦の後半は見ました。奥川は元々直球が速くて強い球を投げるし、もちろん変化球もいい。その中で自分のMAXを最後まで出し続けるというのは、本当にすごいと思う」

 昨年ドラフトで同じ4球団が競合した小園は1軍ですでに2本塁打を放った。「BIG4」で唯一1軍出場はない根尾だが、現在の自分を見る目は冷静だ。

 「(小園は)1試合1本(安打を)出す。やるべきことをきっちりやっているなと思います。負けたくないという気持ちはみんな持っている。でも今は、1軍でいけるとは思っていません。いけていたら、もう出ている。今は上に呼ばれた時にチャンスをつかめるよう、準備をする時。(首脳陣からは)下半身(の強化)を言われるので、繰り返しやっていくしかない。楽なことではないので、パリパリになりますけど」

 ◆根尾 昂(ねお・あきら)2000年4月19日、岐阜・飛騨市生まれ。19歳。河合小2年時に「古川西クラブ」で野球を始め、古川中では「飛騨高山ボーイズ」でプレー。3年時に野茂英雄氏が総監督を務める「NOMOジャパン」に選出される。大阪桐蔭では1年夏からベンチ入りし、4季連続で甲子園に出場して優勝3度。高校通算32本塁打。18年ドラフト1位で中日に入団した。177センチ、80キロ。右投左打。年俸1500万円。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧