【石川】津幡が金沢桜丘との接戦制し2年ぶりの夏8強…エース・松田が6安打1失点の完投

帽子を飛ばしながら最後の打者を三振に仕留めた津幡・松田大輝

 ◆第101回全国高校野球選手権石川大会 第9日 ▽3回戦 津幡3―1金沢桜丘(22日・石川県立野球場)

 津幡が金沢桜丘との公立校対決を制し、夏の県大会では2年ぶりの準々決勝進出を決めた。5回まで両校ともに得点を奪えずに迎えた6回無死二、三塁から津幡の5番・藤畑悠二塁手(3年)が左翼線に先制の2点適時二塁打。直後の裏には1点を返されたが、エース右腕の松田大輝(3年)が力投した。9奪三振で6安打1失点の完投。与えた四球はわずかに1つと制球力も光った。

 この日は球場計測で自己最速を3キロ更新する144キロをマーク。「真っすぐは自分でも走っているなと思った。(自己最速は)うれしい」と笑顔を浮かべた。右打者には直球とスライダー、左打者に対しては直球とチェンジアップを中心に投球を組み立てた。ただ好投にも「接戦だったので点を取られたらまずいと思っていたが、連打される場面もあった。70~80点」と自らに厳しかった。

最新一覧