吉本興業、コンプライアンス研修増とホットライン強化で再発防止へ

会見で涙を流す岡本昭彦吉本興業株式会社代表取締役社長

 吉本興業の岡本昭彦社長が22日、東京都内で会見を開き、振り込め詐欺グループのパーティーに参加し、金銭を受領した「闇営業」問題について言及。20日に謝罪会見を行った「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)に対して処分を撤回するとともに、「全力で改めてミーティングをさせていただきます」と語った。

 今後の再発防止策について問われた岡本社長は、年2回のコンプライアンスの研修等を4回、5回、6回と増やしていくこととホットラインの強化、徹底を行いたいと語り、「研修の中でもきちんとタレントと向き合いながら、直接の仕事でもこんなことがあるんだということを言える環境作りをしなければいけないと思いますし、納税のこととかも研修していければ」と明かした。

 また、反社会勢力のチェックについて、「反社チェックは徹底的に行っていますが、今回は直接ということでありましたので、東京や大阪の暴追センターさんや各警察署の皆様とも連絡を密にしていく体制を準備しています」と説明した。

最新一覧