【東東京】帝京が今大会初の失点に泣く 平成、令和元年連覇ならず

◆第101回全国高校野球選手権東東京大会 ▽準々決勝 日大豊山1―0帝京(22日、神宮)

 今大会3試合連続完封で勝ち進んできた帝京は、準々決勝で日大豊山と対戦。先発左腕・田代涼太投手(2年)は要所をしめる粘りの投球を見せるも、7回1死一塁から1番・古宮佳太中堅手(3年)のピッチャー前のバント処理を一塁に悪送球し、ボールがファウルゾーンを転々。一塁走者が一気に生還し、今大会初失点で決勝点を献上した。

 「あわててしまったのが全てです。自分のせいで取られた点」と、2年生左腕は自身のプレーを悔いた。その後は浜崎斗馬捕手(3年)に「このあと抑えるのがおまえの仕事だ」と励まされ、9回までを投げ抜いた。打線は相手先発・瀬崎絢投手(3年)のサイドスローを打ち崩すことができなかった。

 前田三夫監督(70)は「ミスした方が負ける。あの場面でのミスが大きかった」と、7回の悪送球を嘆いた。指揮官は平成元年に帝京を甲子園優勝に導き、元年連覇がかかる夏だった。主将・大内智貴中堅手(3年)は「監督さんを甲子園に連れて行きたかった。結果を出して恩返しをしたかった」と涙ながらに語った。

最新一覧