月9「監察医 朝顔」京アニ放火事件受け第3話の放送を差し替え

上野樹里主演のフジテレビ月9ドラマ「監察医 朝顔」

 フジテレビは21日、京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオで34人が死亡した放火事件を受け、22日に放送予定だった連続ドラマ「監察医 朝顔」(月曜・後9時)第3話を放火殺人事件を扱うため第1話と第2話のダイジェストに差し替えて放送することを発表した。

 番組公式サイトでは「7月18日に京都で発生した事件で、亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に、負傷された方々の一日も早いご回復をお祈り申し上げます。7月15日の放送で告知いたしました第3話が、放火殺人事件を扱っておりました。そのため7月22日は、既に放送した1話と2話をふり返り、放送させていただきます」と記載した。

 同ドラマは2006年から「週刊漫画サンデー」に連載されていた同名漫画が原作。主演の女優・上野樹里(33)が演じるのは新米法医学者の主人公・万木朝顔(まき・あさがお)。朝顔がベテラン刑事の父・平(時任三郎)と様々な遺体の謎を解き明かし、“生きた証し”を懸命に見つけ出す姿を描く。

最新一覧