【石川】星稜・奥川が158キロ! 2番手で今夏初登板 

星稜・奥川の球速158キロを表示する石川県立球場のスコアボード

◆第101回全国高校野球選手権石川大会 ▽3回戦 金沢大付―星稜(21日、石川県立)

 今秋ドラフト1位候補の星稜・奥川恭伸投手(3年)が4回から今夏初登板。2人目の打者、3番・二宮聖夢三塁手(3年)の初球に球場表示で158キロを計測(ボール)。会場はどよめいた。5球目にも158キロを出した(ファウル)。

 これまでの自己最速は153キロだったが、投球練習から155キロを出し、打者を相手に一気に自己最速を更新した。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧