松本人志、宮迫&亮の会見に危機感「知らなかった事実があまりに多すぎて。ダマされてたみたいな気になって」

松本人志

 「ダウンタウン」の松本人志が21日、MCを務めるフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)で、闇営業問題で吉本興業からマネジメント契約を解消された「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)と、謹慎中だった「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)が20日に謝罪会見を行ったことについてコメントをした。

 松本は番組冒頭で「昨日、大阪に行ったんですけど。仕事の合間に(会見を)見られて。思っていたより中々ハードどいうか。無視できないなと」と話した。

 「この番組でも当初言ってたんですけど、最初のフライデーが出た時に宮迫に連絡して、お金を貰ってないと言っていたので。動画を見た時にノーギャラと思えないから、誰もお金を貰ってないというのは世間は絶対納得しないから、そこは認めないと反社と知らなかったということすら疑われてしまうよといったんですけど。やっぱり納得してもらえなくて」と宮迫とのやり取りを明かし、その後も会社や宮迫とやり取りを続けたが「ややこしくなると思って」と連絡を取らずにいたという。

 その間も会社の人間から連絡を受けていたといが、会見を見て「僕の知らなかった事実があまりに多すぎて。これは俺もダマされてたみたいな気になって。このままじゃ吉本は絶対よくない。この会見を見たからと言って急に手の平を反すように宮迫と亮のやったことを、急に悪から善にとは思ってないですよ。発端は彼らかもしれないけど、ここまで追い込んだ、信頼関係がなくなってしまった会社に対しては絶対に良くないし、吉本興業がこのままじゃ壊れていく、潰れていくんじゃないかという危機感は持ちましたね」と語った。

最新一覧