馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  菊花賞・G1 富士S・G3
全レース出馬表・成績提供中  東京 京都 新潟

金沢競馬で前代未聞の事態 複勝式の払戻と発売に誤りが発覚

 金沢市農林水産局は20日、6月16日に行われた金沢競馬の一部競走において、複勝式の払戻と発売に誤りがあったと発表した。本来、複勝式の勝馬投票法は、出走頭数が8頭立て以上の場合は3着まで、7頭立て以下の場合は2着までに入着すれば的中となり、出走頭数が4頭以下の場合は複勝は発売されない。しかし、16日の金沢競馬は禁止薬物の影響下にある可能性がある多数の馬を公正確保のため競走除外としながら、当初の出走頭数のまま発売設定を行ってしまったため、前代未聞のアクシデントが起きた。誤りがあったレースは以下の通り。

 1R(当初9頭立て=発売開始前の競走除外で5頭立て)複勝2着払のところ、3着払を実施

 3R(当初9頭立て=発売開始前の競走除外で7頭立て)複勝2着払のところ、3着払を実施

 4R(当初9頭立て=発売開始前の競走除外で7頭立て)複勝2着払のところ、3着払を実施

 7R(当初9頭立て=発売開始前の競走除外で7頭立て)複勝2着払のところ、3着払を実施

 10R(当初7頭立て=発売開始前の競走除外で4頭立て)複勝式の発売なしのところ、複勝式2着払を実施

 金沢競馬ではこの件に関して、1、3、4、7Rの1着馬、2着馬に投票された複勝式の払戻金について、2着払(2着馬までを的中として払戻)であるときの払戻金を再算出し、差額がある場合は追加の払戻を行うこと、また、10Rの複勝式で不的中となった5号馬、6号馬に投票された方へ返還することに向けて、現在取り急ぎ対応準備を進めているという。

 本件に対する差額払戻と返還の方法などについては、改めて発表するとしている。

最新一覧