【楽天】右肘を手術した則本昂が2軍で実戦復帰 3回36球を投げ、2安打1失点 最速は152キロ!

イースタン・巨人戦で3月の右肘手術から復帰後初登板し、力強い投球を見せた楽天・則本昂

 3月11日に右肘のクリーニング手術を受けた楽天・則本昂大投手(28)が20日、イースタン・巨人戦(楽天生命)で実戦復帰を果たした。先発で3回を投げ、打者11人に対し、和田に右越えソロを浴びるなど2安打されたが、無四球で毎回の4三振を奪うなど1失点。変化球は全球種を投げ、最速は152キロを計測した。

 則本昂は「まずは何もなく、予定の3イニングを終えられたのでよかったと思います。バッターに対して投げるのは久しぶりだったので、ストライクが入ってよかった。変化球の精度はストライクも空振りも取れたのでよかったけど、真っすぐはコントロールにばらつきがあったし、キレもベストとは言えない。これから改善していきたい」と振り返った。

 則本昂は今春のキャンプで絶好調だったが、登板予定だった2月23日の巨人とのオープン戦(那覇)を当日になって回避。実戦登板は、昨季最終戦の10月13日のロッテ戦(ZOZO)以来、約8か月ぶりだった。

最新一覧