【日本ハム】上沢が今季絶望、左膝蓋骨骨折手術…全治5か月

18日のDeNA戦で左膝に打球を受け倒れ込む上沢

 日本ハムの上沢直之投手(25)が19日、東京都内の病院で骨折した左膝蓋(しつがい)骨の整復固定術を受けた。先発した18日のDeNA戦(横浜)の6回、左膝にソトの放ったライナーが直撃、試合中に緊急搬送されていた。全治は5か月で今季中の復帰は絶望。今後は10日間程度入院、退院後に千葉・鎌ケ谷の球団施設でリハビリを開始する。

 今季11試合に先発して5勝3敗、防御率3・15と安定した投球を見せていただけに、チームにとって痛い離脱となった。右腕は球団を通じて「大事な時期にチームを離れることになり、本当に残念です。チームは必ず優勝すると信じているので、これからしっかりとリハビリしていきます」とコメント。栗山監督はDeNA戦前に「しっかり受け止めて、我々がどういうふうにするのかということを、それぞれが考えてやらないといけない」と語った。

すべての写真を見る 2枚

最新一覧