小林幸子 公演先の山形で地震に遭遇「そういう瞬間って悲鳴が出ない。息を飲むようでした」

羽田空港で地震の恐怖を語った小林幸子

 18日夜に新潟県、山形県で起きた最大震度6強の地震で、発生当時、山形県鶴岡市内のホテルにいた歌手の小林幸子(65)が19日、帰京し羽田空港で取材に応じた。

 小林は開口一番「びっくり! ドカーンときた。縦揺れでした」と驚きを振り返った。18日は同県酒田市でコンサートを終えてホテルに着いた直後に建物が縦に揺れた後、横揺れが続いたという。「そういう瞬間って悲鳴が出ないんだなって分かりました。息を飲み込むようでした」

 ホテルの駐車場に避難した後、部屋に戻ったがそれからが怖かったという。「また起きるのではないかと思うと怖くて。パジャマに着替えないでそのままの格好で寝ました」と振り返った。

 部屋に戻って夫に電話し「大丈夫」と報告。自身も新潟出身で被災地には親戚、知人らが多く住むが「私の周りのかたは今のところ大丈夫ですが、被害が大きくならないことを願います」と心配した。

 子どもの頃に1964年の新潟地震を経験。また2004年の中越地震は自身は被災はしなかったが、今でも山古志村で米を作るなど復興支援活動を続けている。「被災されたかたに私に何かできれば頑張りたい」と話した。

最新一覧