雄星は5回6失点で4勝目逃す

マリナーズの菊池(ロイター)

◆マリナーズ-ロイヤルズ(18日・Tモバイルパーク)

 マリナーズの菊池雄星投手(28)が18日(日本時間19日)、4勝目を目指して本拠のロイヤルズ戦に先発したが、1回から失点を重ね、5回を投げ2本塁打を含む9安打6失点で降板した。

 28歳の誕生日を前日祝ったばかりの菊池だったが、立ち上がりの1回、先頭のメリフィールド、続くモンデシーに連続安打され無死一、三塁。一塁走者に二盗を許した直後に3番ゴードンに中前安打を浴び2失点。後続は抑えたが、2回にも1死満塁のピンチを迎えた。この場面では1回に連打を浴びたメリフィールドを右飛、モンデシーを遊ゴロに切ってとり無失点で切り抜けた。

 しかし、3回1死無走者からソレルにカーブを右中間スタンドに20号ソロ、4回には1死二、三塁からメリフィールドにスライダーを左翼席に9号3ランをたたき込まれた。菊池は打者25人に97球を投げ、2四球、5奪三振でワーストタイの6失点、防御率は5・15となった。

最新一覧