【ヤクルト】本社株主総会で株主から「がっかり」 質疑で厳しい声続出

ヤクルト小川監督

  ヤクルト本社の第67回定時株主総会が19日、都内で行われ、チームの低迷を指摘する厳しい声や、チケット購入方法の改善を求める意見が株主から噴出した。

 今季は好スタートを切りながら、5月以降はリーグワーストタイの16連敗を喫するなど最下位に低迷。3位にも8差をつけられている。交流戦最高勝率に輝いて全くの無風に終わった昨年から一転。質疑でファン歴60年という男性株主は「がっかりするような状況。どこから手をつけていいかわからなくて苦慮している」と発言。衣笠球団社長は「先発ローテーションの回復をはかり、中継ぎの再編に取り組んでまいりたい。坂口、西浦、太田も今月末には1軍に復帰してくると聞いている。山田(哲)、バレンティンも7月には調子を上げてまいります。Aクラスに向かって戦ってくれる」と現有戦力での巻き返しを約束した。

最新一覧