マリナーズ・菊池が初回に3人10球でいきなり2失点…5戦ぶり白星へ立ち上がりで苦戦

マリナーズ菊池雄星(ロイター)

◆マリナーズ―ロイヤルズ(18日、シアトル・Tモバイルパーク)

 マリナーズ・菊池雄星投手(28)が18日(日本時間19日)、本拠地でのロイヤルズ戦に先発。初回にいきなり先頭から3連打を浴びると、たった10球で1アウトも取れずに2点を失った。

 5月25日(同26日)からは3登板連続で4回途中KOを味わうなど、4試合、白星から見放されている雄星。前回登板の13日(同14日)には白星とはならなかったが、5回1失点で復調の兆しを見せた。登板前日の17日(同18日)には「だいぶ状態は安定しているなという感じです」と手応えも口にしていた。

 17日には28歳の誕生日を迎えた左腕。28歳初勝利を飾りたいところだったが、厳しい立ち上がりとなった。

最新一覧