ボクシング男子の世界選手権代表が決定 村田昴と梅村錬が意気込み

9月にロシアで行われる世界選手権の代表に決定した村田昴(左)と梅村錬

 ボクシングの世界選手権(9月、ロシア)の代表選考会が16日までの3日間、都内の味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた。フェザー級は昨年の全日本選手権バンタム級優勝の村田昴(22)=自衛隊=、ライトヘビー級は昨年の国体ミドル級覇者の梅村錬(22)=拓大=が新たに選出された。ともに初出場となる。

 村田は「選ばれてうれしい。(選考会で)まだまだ課題が見つかったので、もっと練習して直していきたい。金メダルを目指したい」。梅村は「チャンスをいただいたので、結果で恩返ししたい」と意気込んだ。その他の4階級の代表は既に決定していた。日本連盟の内田貞信会長は「結果を残せるように頑張ってほしい」と期待を寄せた。

最新一覧