木村佳乃、体張った「芸人殺し」にネット大絶賛 「高速鼻うがい」「牛尿」など挑戦

木村佳乃

 女優の木村佳乃(43)が26日、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!2時間SP」に参戦し、女優とは思えぬ体を張った雄姿を連発。相変わらずの「芸人殺し」っぷりにネット上から称賛の声が続出した。

 木村は「森三中」の大島美幸をリーダーに、イモトアヤコ、「おかずクラブ」のオカリナが米国・テキサス州を冒険する「大島探検隊」に参加。

 まずはカツラをかぶり、チョコレートプラネットの「TT兄弟」で登場。イモトのトレードマークの眉毛を「乱れてるじゃない」と、ペンで「T」の形に塗りたくった。

 その後は独壇場といっていい暴れっぷりを披露。一方の鼻孔から液体を高速で注入し、逆の鼻孔から液体を出す「高速鼻うがい」を人生初挑戦。大島が「飲める聖水」と絶賛する程、芸術的な鼻うがいを披露した。

 続いてインドに伝わる健康療法「牛尿」(牛のおしっこ)を一気飲み。これには、流石の木村も「オェ」と座り込んでしまった。

 さらに、網や竿を一切使わず自身の手をナマズに食わせ生け捕りする「ヌードリング」に挑戦。「もっと噛んで!もっと噛んで!」と自らの手を捧げた結果、見事に85センチ、9キロのフラットヘッドキャットフィッシュの捕獲に成功。「結構痛かった。ドアに手を思いっきり挟んだ感じ」と驚きの感想を語った。

 最後は、全身毛むくじゃらで二足歩行する未確認生物「ビッグフット」を題材にし、感動物語を演じる「女優力チェック」に挑戦。舞台となる森を歩いていると、ビッグフットに遭遇。しかし、その目をよく見ると5年前に突然失踪した彼氏・太郎だと気づく。台詞などはアドリブで行うというもの。カツラをかぶり、太めの眉毛と無精ヒゲを書いた大島がビッグフットは演じ、笑いは一切なしの真剣勝負。イモトとオカリナは見事に演じきったが、木村は大島が登場した瞬間に吹き出してしまい、大本命がまさかの瞬殺に終わる波乱となった。

 ネット上では「TT兄弟といい鼻うがいといい牛尿飲んだり益々好きになってしまうのだけど、アホなことをすると女芸人より明らかに好感度が上がるってやっぱり美人は得」「スゲーーーッ 事務所は止めないんだね(笑)」「ほぼ野沢直子」「おいしいところ全部持って行く!」「アグレッシブだな」「欲張り過ぎや」など絶賛の声が相次いだ。

最新一覧