エンゼルス・大谷、4打席目に同点犠飛で6戦ぶり打点

エンゼルス・大谷(ロイター)

◆エンゼルス―レンジャーズ(26日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が26日(日本時間27日)、本拠地のレンジャーズ戦に3試合連続「3番・指名打者」でスタメン出場した。

 1点を追う7回1死二、三塁という一打逆転の好機で迎えた4打席目。投手は直前に右腕・ダウディーに代わった。5者連続安打で球場が大きく盛り上がる中打席に立ち、5球目には1メートルずれていれば本塁打かという大飛球も左翼ポール際へ飛ばした。フルカウントからの6球目。低めのカーブに反応して同点の中犠飛を放ち、場内は大歓声に包まれた。エンゼルスはその後暴投で2点を追加し、4点差をこの回だけで一気に逆転した。

 この日のレンジャーズ先発は右腕のA・フラード。昨年8月に敵地で対戦した際には中前適時打、空三振、二ゴロの3打数1安打1打点だった。この試合の1打席目は止めたバットにボールが当たって投ゴロ。2死一、二塁の好機だったが、低めの変化球にバットを当てるのが精いっぱいの力無い中飛に倒れ、3打席目も一ゴロだった。

試合詳細

最新一覧