【巨人】原監督、岡本は「勝つことに関して、とてもいい役割をしてくれた」

原辰徳監督

◆巨人5―4広島(26日・東京ドーム)

 ◆原監督に聞く

 ―重信の決勝中犠飛で三塁走者の岡本が好走塁。

 「重信もしぶとくあそこまで運んだということと、三塁コーチャーもよく行かせた。岡本も決して速くはないけどね、非常に攻撃的ないいスライディングをして良かった。まさにギリギリのところで勝負をしているというね、そういうところが集約されたと思う」

 ―山口が6回1失点、7回に救援陣が3失点。

 「なかなか簡単にはね。まだ大きなことは言えないけど、1点差で勝てたことはプラスにしていきたい。もう少し時がたつと安定したチームになると思うけど、今のところギリギリだね」

 ―沢村が8回ピシャリ。

 「良かった。いいピッチングをしたと思いますね」

 ―岡本に待望の一発。

 「(第1打席で)変化球を打ったから、今度(第2打席)は速いボール、インサイドも(打ってほしかった)っていうね。彼の場合は我々の要求が高くなる。でも、今日は勝つことに関して、とてもいい役割をしてくれた」

試合詳細

最新一覧