【阪神】接戦を制して甲子園連敗5でストップ 矢野監督「目の前の試合を勝っていきながら、ファンに喜んでもらえる試合を」

ヤクルトに勝利して、笑顔でタッチを交わす阪神ナイン

◆阪神3―2ヤクルト(21日・甲子園)

 阪神は接戦を制して、甲子園での連敗を5で止めた。

 初回に福留が先制適時打を放つと、同点の4回には梅野のタイムリー二塁打と木浪のタイムリーで勝ち越し。先発の青柳も6回1失点(自責0)と試合を作り、7回の能見こそ村上にソロを許したが、ジョンソン、ドリスとつないで1点差で逃げ切った。

 敗れれば借金生活だったが、単独3位に浮上。矢野監督は「3連敗とか、5連敗とか俺らには関係ない部分もある。どんどん目の前の試合を勝っていきながら、ファンの人に喜んでもらえる試合を、プラスをどんどん考えていきたい」と前を向いた。

試合詳細

最新一覧