浦和実、関東初出場1勝!2年生右腕・豆田が6回まで毎回の11K

初回を無失点で切り抜け、笑顔でベンチに戻る浦和実・豆田(左)

◆春季高校野球関東地区大会 ▽2回戦 浦和実8―3山梨学院(19日・上尾市民球場)

 初出場の浦和実(埼玉2位)が、今春センバツ16強の山梨学院(山梨1位)に逆転勝ちで初戦を突破。8強に進出した。

 先発の背番号18の2年生右腕・豆田泰志が好投。140キロ台の直球で押しまくり、6回0/3を1安打2失点(自責1)に抑え、6回まで毎回の11三振を奪った。

 172センチ、72キロの体格で力強いボールを投げ、高校通算48本塁打の山梨学院・野村健太右翼手(3年)とは3打席対戦し、2打数無安打、2三振(1四球)に抑えた。

 1点を追う5回には、逆転の左越え2点二塁打を放ち、投打で勝利に貢献した。

 5番・水谷優希右翼手(3年)は、7回のソロ本塁打を含む3安打3打点の活躍。チームは20日の準々決勝で、東海大相模(神奈川1位)と対戦する。

最新一覧